がんもどき?

概要 

  • がんには転移するものと転移しないもの(がんもどき)があるとする主張は恐らく正しい
  • がんもどきは治療する必要がないとする主張は正しくない

がんの前段階細胞 

「本物のがん」には、少なくとも、次の機能があります。

  • 無限増殖機能
  • 組織浸潤機能
  • 転移機能

これら機能は一度の細胞変異によって獲得されるのではなく、複数の細胞変異によって獲得されると考えられています。 だとすると、前2つの機能を獲得した細胞が実在するはずであり、それは「がんもどき」と言えます。

また、がんの発生経緯を考慮すると「がんもどき」は将来的に「本物のがん」になる可能性が高いと言えます。 「がんもどき」も、既に2つの機能を獲得しているので、残りの機能を獲得すれば「本物のがん」になります。 「がんもどき」は、正常な細胞と比べて少ない変異で「本物のがん」になるのだから、「本物のがん」になる可能性は正常な細胞より高いと言えます。

治療の必要性 

治療の必要性は、その時点でがんが転移能を持っているかどうかだけで決められるものではありません。 治療方針を決めるためには、次のようなことを考慮する必要があります。

  • 原発層のがんが患者の生命や健康を脅かしていないか
  • 将来的な転移により患者の生命や健康を脅かす可能性があるかどうか
  • 他にもっと適切な治療法があるかどうか

がんは、発生臓器を破壊しながら成長します。 発生臓器や周辺臓器を圧迫することにより機能不全を引き起こすこともあります。 臓器の機能不全等により、患者の生命や健康が脅かされるならば、「がんもどき」であっても治療する必要があります。

また、「がんもどき」が「本物のがん」になる前に取った方が良いとは言えるでしょう。 「良性のポリープだけど念のため取っておきましょう」と言うのと同じ理屈です。 ただし、既に「本物のがん」になっている場合で、かつ、成長の早いがんの場合は、手術するメリットはほとんどないと言えます。 しかし、「がんもどき」と「本物のがん」を区別する方法がないのでは、「本物のがんだから取る必要がない」と判断することは不可能です。