OTAレポート

伝聞 

健康食品サイトなどで次のような話がよく見られますが、これは事実でしょうか。

米国OTAが通常医療は無意味と結論付けた。

米国OTAが代替医療の治療効果を認めた。

原典 

ここで言うレポートとは、Unconventional Cancer Treatments/OTA-H-405(非実証主義がん治療)のことでしょう。

unconventional
conventionalは「従来型の」「型にはまった」という意味を指す。当然、ここで言う型とは医学や科学の型であるから、conventionalであることが医学として本来の姿である。否定形のunconventionalを直訳的に「非従来型」「型破りな」と訳すと最先端医療との誤解を与えかねない。実際には、unconventionalは、医学や科学の型から外れたものであり、時代遅れの疑似科学的なものを指すと解釈できる。医学や科学の型にはまることは、実験等で実証する手続きを踏むことを指す。よって、ここでは、かなりの意訳ではあるが、その指し示す意味を正確に表すため、sunconventionalに「非実証主義」という訳を充てた。

1990年に米国連邦議会技術評価局(Office of Technology Assessment)が出したもので、その原文は以下のとおりです。

このレポートを読む前に次のことに注意する必要があります。

  • 米国議会の付属機関による報告は政治方針評価であって医学的評価ではない。
  • 代替医療の効果については科学的データに基づいた報告ではない。
  • このレポートの後も米国は通常医療の研究に多大な予算をつぎ込んでおり、米国議会は通常医療の研究を支持している
  • 米国では代替医療の研究助成が行なわれたが、結局、がんの治療効果のある代替医療は見つからなかった。
  • 30年近く前の報告であって、その間にがん治療も大きく進歩した。

レポートの見出しを抽出すると次の通りです。

  • Front Matter (前付け)
  • Table of Contents (目次)
  • Chapters (章)
    • 1: Summary and Options (まとめとオプション)
    • 2: Behavioral and Psychological Approaches (行動心理学的アプローチ)
    • 3: Dietary Treatments (食事療法)
    • 4: Herbal Treatments (薬草療法)
    • 5: Pharmacologic and Biologic Treatments (薬理学的および生物学的療法)
    • 6: Immuno-Augmentative Therapy (免疫増強療法)
    • 7: Patients Who Use Unconventional (非実証主義治療を使用している患者)
    • 8: Organized Efforts Related to Unconventional Cancer Treatments: Information, Advocacy, and Opposition (非実証主義がん治療に関連する組織的な取り組み:情報、擁護、そして反対)
    • 9: Financial Access to Unconventional Cancer Treatments (非実証主義がん治療への財政的アクセス)
    • 10: Laws and Regulations Affecting Unconventional Cancer Treatments (非実証主義がん治療に影響を与える法律と規制)
    • 11: Laws and Regulations Governing Practitioners Who Offer Unconventional Cancer Treatments (非実証主義がん治療を提供する施術者を規制する法律と規制)
    • 12: Evaluating Unconventional Cancer Treatments (非実証主義がん治療の評価)
  • Appendixes (付録)
    • A: Method of the Study (研究の方法)
    • B: Glossary of Terms and Abbreviations (用語集および略語集)
    • C: Acknowledgements (謝辞)
    • References (参考文献)
    • Index (索引)

和訳 

Front Matter (前付け)のForeword (序文)とEvaluating Unconventional Cancer Treatments (非実証主義がん治療の評価)のConclusions (結論)の全文を以下に引用し和訳します。

A diagnosis of cancer can transform abruptly the lives of patients and those around them, as individuals attempt to cope with the changed circumstances of their lives and the strong emotions evoked by the disease. While mainstream medicine can improve the prospects for long-term survival for about half of the approximately one million Americans diagnosed with cancer each year, the rest will die of their disease within a few years. There remains a degree of uncertainty and desperation associated with “facing the odds” in cancer treatment.

がんの診断は、生活変化の状況と病気によって引き起こされた強い感情に個人が対処しようとするため、突然、患者や彼らの周りの人々の生活を変えることができます。 主流医学は、毎年がんと診断された約100万人のアメリカ人の約半分の長期生存率を改善することができますが、残りは数年以内に死亡するでしょう。 がん治療における「勝算に直面する」ことに関連して、ある程度の不確実性と絶望が残っています。

To thousands of patients, mainstream medicine’s role in cancer treatment is not sufficient. Instead, they seek to supplement or supplant conventional cancer treatments with a variety of treatments that exist outside, at varying distances from, the bounds of mainstream medical research and practice. The range is broad—from supportive psychological approaches used as adjuncts to standard treatments, to a variety of practices that reject the norms of mainstream medical practice. To many patients, the attractiveness of such unconventional cancer treatments may stem in part from the acknowledged inadequacies of current medically-accepted treatments, and from the too frequent inattention of mainstream medical research and practice to the wider dimensions of a cancer patient’s concerns.

何千人もの患者にとって、がん治療における主流医学の役割は十分ではありません。 代わりに、彼らは主流の医学的研究と実践の範囲から外れて、様々な隔たりで存在する様々な治療法で従来のがん治療法を補完または代替しようとしています。 その範囲は広く、標準的な治療法の補助として使用される支持的な心理学的アプローチから、主流の医療行為の規範を否定する様々な行為まで幅広くあります。 多くの患者にとって、このような非実証主義がん治療の魅力は、現在医学的に認められている治療に対する認識の不備、主流の医学研究のあまりにも頻繁な不注意、および、がん患者の関心事をより広い次元で実践することから生じる。

Unconventional cancer treatments have received only cursory examination in the research literature, making an objective assessment of their efficacy and safety exceedingly difficult.lt. Recognizing this, the Chairman of the U.S. House of Representatives Committee on Energy and Commerce, John Dingell, asked OTA to review the issues surrounding unconventional treatments: the types of unconventional cancer treatment most available to American citizens and how people access them, costs and means of payment, profiles of typical users of unconventional treatments, legal issues, and the potential for enhancing our knowledge about the efficacy and safety of these cancer treatments. A group of Members of Congress, led by then-Congressman Guy Molinari, also asked OTA to examine a particular unconventional treatment—Immuno-Augmentative Therapy-and to design a clinical trial protocol to permit valid evidence of efficacy and safety to be gathered. All these topics are covered in this report.

非実証主義がん治療は研究文献では大雑把な検討しか受けておらず、その有効性および安全性の客観的評価を極めて困難にしている。 これを認識して、米国下院エネルギー・商業衆議院委員会委員長のJohn Dingellは、OTAに、非実証主義がん治療をめぐる問題を検討するよう求めた。 これらのがん治療の有効性と安全性についての私達の知識を高めるために、アメリカ国民に最も利用可能な非実証主義がん治療の種類、それらにアクセスする方法、費用と支払い方法、非実証主義治療の典型的な使用者のプロファイル、法的問題、そして、その可能性について。 当時のGuy Molinari議員が率いる議会のメンバーのグループもまた、特定の「非実証主義治療 - 免疫増強療法 - を検討し、有効性と安全性の有効な証拠を集めることを可能にする臨床試験プロトコルを設計するようOTAに求めた。 これらすべてのトピックはこのレポートでカバーされています。

The debate concerning unconventional treatments is passionate, often bitter and vituperative, and highly polarized. To ensure that all relevant voices were heard and that OTA was accessible, particularly to advocates of unconventional treatments, OTA took several unusual measures during the course of this assessment in addition to its normal process of analysis and review. The project advisory panel, representing a diversity of views, played an important role. Under its Chairperson, Professor Rosemary Stevens of the University of Pennsylvania, the panel persevered through diffilcult discussions and provided valuable counsel. Much of the final meeting of the advisory panel was organized to hear from critics of the draft report, who were invited by OTA to present their concerns to the advisory panel and OTA staff. OTA’s standing Technology Assessment Advisory Council devoted a meeting to this assessment, discussing the science and policy issues related to unconventional cancer treatments and providing counsel to OTA. Many other individuals and groups in the public and private sectors also contributed their ideas and criticism, for which they are gratefully acknowledged. As with all OTA assessments, however, responsibility for the content of the report is OTA’s alone and does not necessarily constitute the consensus of the advisory panel, the Technology Assessment Board, or the Technology Assessment Advisory Council.

非実証主義治療に関する議論は情熱的で、しばしば辛辣で痛烈であり、そして非常に偏極的です。 すべての関連性のある声が聞かれ、OTAがアクセス可能であることを保証するために(とくに非実証主義治療の提唱者から)、OTAは通常の分析とレビューのプロセスに加えていくつかの変わった措置を講じました。 多様な見解を代表するプロジェクト諮問パネルが重要な役割を果たしました。 ペンシルバニア大学のRosemary Stevens教授の委員長の下で、パネルは困難な議論を通して辛抱し、貴重な助言を提供した。 諮問委員会の最終会議の多くは、諮問委員会とOTAスタッフに懸念を表明するためにOTAから招待された報告書草案の批評家からの意見を聞くために組織されました。 OTAの常任技術評価諮問評議会は、この評価のための会議を開催し、非実証主義治療に関連する科学と政策の問題について議論し、OTAに助言を提供しました。 公共部門および民間部門の他の多くの個人およびグループも彼らの考えや批判に貢献しており、それに対して感謝します。 ただし、すべてのOTA評価と同様に、レポートの内容に対する責任はOTAの単独であり、必ずしも諮問委員会、技術評価委員会、または技術評価諮問委員会の合意を構成するわけではありません。

If history in this area is predictive, some few unconventional treatments may be adopted into mainstream practice in the years ahead, others will fade from the scene, and new ones will arise. The ways described in this report to stimulate the valid assessment of unconventional treatments could give the medical community and patients the means to make more informed decisions about their use.

この分野の歴史が予測できるものであれば、今後数年間にいくつかの非実証主義治療が主流の診療に採用されるかもしれず、他のものはその場から消えていき、そして新しい治療法が生まれるでしょう。 この報告書に記載されている非実証主義治療の有効な評価を活気づける手法は、医学界や患者にその使用に関して決定を下すための情報を提供する可能性があります。

Front Matter - Unconventional Cancer Treatments/OTA-H-405 - プリンストン大学


Opportunities may exist to gather valid informa- tion about the efficacy and safety of unconventional cancer treatments; these are largely unexplored. The same types of study that are used to determine the safety and effectiveness of mainstream treatments— including ultimately randomized clinical trials— would be required to determine the value of uncon- ventional treatments.

非実証主義がん治療の有効性と安全性に関する有効な情報を集める機会があるかもしれません。 これらは主に未踏です。 主流の治療法の安全性と有効性を決定するために使用されるのと同じ種類の研究(無作為化比較試験を含む)が、非実証主義がん治療の価値を決定するために必要とされる。

A potentially useful tool for beginning to evaluate unconventional treatments is the “best case review, which could be a first step toward prospec- tive clinical trials. There may also be ways to gather some information about possible hazards of uncon- ventional treatment, by opening a “registry” into which cases with appropriate documentation could be entered. Conventional physicians would probably be the main contributors to this.

非実証主義がん治療の評価を開始するための潜在的に有用なツールは、「best case review」です。 これは、将来の臨床試験への第一歩となる可能性があります。 適切な文書と例を入力することができた「記録」を開くことで、非実証主義がん治療による起こり得る危険についての情報を集める方法もあるかもしれません。 通常の内科医がおそらくこれに貢献しているでしょう。

OTA’s experience with IAT was discouraging, but it may not be a good example of the way in which an unconventional treatment might enter the evalua- tion system. Burton did not seek the evaluation, and he never became fully engaged in seeing it move forward. Other practitioners or their supporters, such as Burzynski, and the Gerson Clinic personnel, have attempted to initiate some form of evaluation, with assistance from experts, and these efforts suggest that other practitioners might be interested in doing so as well.

OTAのIAT(免疫増強療法)に関する経験は落胆するものでしたが、これは非実証主義がん治療が評価システムに入る可能性がある方法の良い例ではないかもしれません。 (IAT提唱の)Burtonは評価を求めなかった、そして彼はそれが前進するのを見ることに完全に関与するようにはならなかった。 (アンチネオプラストン療法提唱の)Burzynskiのような他の開業医または彼らの支持者、そしてゲルソン病院職員は、専門家からの援助を得て何らかの形の評価を開始しようと試みました、そしてこれらの努力は他の開業医もそうすることに興味があるかもしれません。

Chapter12 Evaluating Unconventional Cancer Treatments - Unconventional Cancer Treatments/OTA-H-405 - プリンストン大学

これは健康食品サイトなどで言われている話とかなり食い違います。

まず、序文に書いてあるように、このレポートは主流医学を否定していません。 主流医学はがん患者の半数には有効だと明記されています。 その一方で、残りの半数にとっては、主流医学を補完または代替する手段が必要だと書かれています。 がん治療における主流医学の役割は十分ではないことを指摘しているだけであって、主流医学の治療効果を否定しているわけではありません。

その一方で、序文や結論には、Unconventional Cancer Treatments(非実証主義がん治療)、すなわち、所謂代替療法は有効性や安全性の客観的評価が適切になされていないことが指摘されています。 そして、無作為化比較試験を含む主流医学と同等の研究で有効性や安全性の客観的評価をすべきだとも書かれています。 アンチネオプラストン療法の提唱者やゲルソン療法の推進者は今後の客観的評価の実施に前向きな姿勢を見せているものの、IAT(免疫増強療法)の提唱者は客観的な評価に消極的だったとも書かれています。 そうした客観的検証を経ればいくつかのUnconventional Cancer Treatments(非実証主義がん治療)が主流の診療に採用される可能性があるとしていますが、一方で、客観的検証に耐えないものは消えていくことも予想されています。

この報告書に書いてあることをまとめると次のようになります。

  1. 主流医学だけでは患者のニーズを十分に満たせない現状がある
  2. そこで、John Dingellは、代替医療について米国連邦議会技術評価局(Office of Technology Assessment)に調査させた
  3. 調査した結果、代替医療の安全性と有効性の客観的評価が全くできていないことが分かった
  4. 今後、無作為化比較試験等で代替医療の客観的評価を行う必要がある

ようするに、このレポートは、通常医療に治療効果がないことを示してはいないし、代替医療に治療効果があることも示していません。 代替医療に対しては、どちらかと言えば、駄目出しをしているのです。 このレポートが指し示すことには「溺れているのに藁をつかまないのはナンセンスだ」以上の意味はありません。 ようするに、主流医学では患者の需要を完全に満たせていないのだから、駄目元で代替医療も客観的な検証をして可能性を模索すべきだということです。

そして、このレポートが元になって、国立衛生研究所代替医療局(National Institute of Health, Office of Alternative Medicine)が設立され、米国が国を挙げて代替医療の研究に取り組んだのは事実です。 しかし、国立補完代替医療センター(National Center for Complementary and Alternative Medicine)に組織改変され、より本格的な研究体制に移行しても、がんに効果のある代替医療はひとつも見つかりませんでした。 そして、通常医療の代替的役割が期待できないことが明らかになったため、「代替(alternative)」という言葉のつかない国立補完統合衛生センター(National Center for Complementary and Integrative Health)に改称されています。 結局、藁を調べてみても、所詮は藁に過ぎなかったということです。

背景 

誤った情報が流布される原因はマクガバン・レポートと同じでしょう。 Unconventional Cancer Treatments/OTA-H-405(非実証主義がん治療)をOTAレポートと呼ぶのは、インチキ“治療”法だけに見られる特徴です。 米国連邦議会技術評価局(Office of Technology Assessment)は1990年だけで45種類のレポートを出しています。 他の年も含めれば多数のレポートを出しており、その中には医療政策分野のものも多数あるでしょうから、その中の1つを「OTAレポート」と呼んでは、他のレポートと区別がつきません。 最初に紹介した今村光一氏は、第三者による内容の検証を妨げる必要があったので、どのレポートかを特定できないように故意に「OTAレポート」と呼んだと思われます。 一方で、今村光一氏の情報を検証せずに鵜呑みにしている人は、どのレポートか特定する情報を把握していないため「OTAレポート」としか呼びようがありません。 つまり、レポートについて自分で調べていないからこそ、「OTAレポート」などという呼び方ができるのです。 OTAレポートの何たるかが分かっていて、かつ、嘘をつく意思のない人は、そのうちの1つだけを指して「OTAレポート」と呼ぶはずがないのです。

以上のように、マクガバン・レポートについてマクロビ・代替療法の世界で紹介されている内容の多くは嘘か誤解に基づいている。 この他にもマクガバンが政治生命をかけたとか、その後アメリカはマクガバン・レポートに基づいて食事が改善されたとか、事実とそぐわない伝説が無数に存在している。 こうした伝説は、日本ではアメリカの情報が得にくいからこそ普及したのではないだろうか。

アメリカでもマクガバン・レポートを代替療法の側が資料に使うことがあるが、日本の例ほど極端ではない。 アメリカではもっと容易に報告の元資料に当たれるし、マクガバン議員や自国の栄養事情について嘘を書いてもばれやすいからだろう。 だが、日本では今後もこうした「伝説」が様々なバリエーションを生みつつ普及していくと思われる。

マクガバン・レポートの真実 - 火薬と鋼


もともとはまともな内容のマクガバン報告が、トンデモな内容と連鎖してしまった原因は、おそらく、日本に紹介される過程において、不正確な和訳がなされてしまったものと思われる。

マクガバン報告から考えた日本の食生活 - NATROMの日記

1つ間違いがあるので指摘しておきます。 誤った情報源は今村光一氏の書籍でしょうが、これは「不正確な和訳」ではなく故意の作文です。

本書はマクガバンレポートの抄訳という体裁をとっているものの、具体的に引用した部分はあまりなく、「委員会でも証言した○○博士が述べているとか」、「M委ではこんな証言があった」、と記しながらその名前が書かれていなかったりします。 また、委員会とは無関係だと思われる別の事例が委員の発言とされる文章のあとに書かれていたりと、どこまでがレポートの紹介なのか、どこからが今村さんの主張なのかがよく分からない構成になっています。 マクガバンレポートの抄訳であるとの認識で本書を手にされた方が居たとしたら、その期待は裏切られてしまうでしょう。

マクガバンレポートと今村光一さん そしてその後 - とらねこ日誌

今村光一氏は健康食品輸入販売会社の社長であり、薬事法違反での逮捕歴があります。 彼は、自らが販売する商品の宣伝のために、故意に間違った情報を流布したのです。 嘘には少しだけ真実を混ぜると信ぴょう性が増すと言われますが、今村光一氏の手口では報告書や議会証言の存在のみが真実であり、その主要内容は今村光一氏自身が作り出したフィクションに過ぎません。

メニュー

医療制度

  • 医療制度問題
  • 医療費

がん治療

情報選別法

注意を要する“治療”法

外部リンク