動物実験

動物と人間の生体構造の差、投与方法・投与量の違い等により、人間には効かないことも良くあります。 人間の投与量に換算するとあり得ないくらいの大量の薬剤を投与していることもあり、動物実験の結果は、そのまま人間にも当てはまるとは限りません。 実際、動物実験で成功しても、その殆どは人間の臨床試験で弾かれます。 よって、動物実験の証拠能力は殆どないと言えるでしょう。 詳細は健康情報を評価するフローチャート等を参考にしてください。