培養細胞実験

経口摂取にしろ、点滴にしろ、薬剤は、投与した成分が途中で何の化学変化もせずに全てががん細胞に届くことはありません。 とくに、経口摂取であれば、途中で化学変化を起こして別の物質に変化する場合があります。 また、臓器の構造等により、薬剤ががん細胞に届かない場合もあります。 培養細胞による実験ではそうした条件が考慮されていません。 培養細胞に投与する薬剤の量が現実離れしている場合もあり、それと同じ結果を臨床で出すことは困難です。 極端な話、培養細胞では、投与量次第で塩でも抗がん作用を発揮すると言われます。 また、体外に取り出した細胞の働きが体内とは違う場合もあると言われています。 そのため、培養細胞による実験は、参考程度の意味しか持ちません。 詳細は健康情報を評価するフローチャート等を参考にしてください。